ダイエット中、いつもと変わらずプログラムを続けているのに、ある時期から体重が減らなくなった経験はありませんか。

 食事量が極端に減ると体の防衛反応が働き、体は生命を維持するため、少ない摂取カロリーでも脂肪や糖分を蓄えようとします。さらに、交感神経の働きを抑えて基礎代謝を下げることで、少ないエネルギーでも生きていけるように体が「省エネモード」に変わっていきます。

 この結果、太りやすい体質になってしまい、食事量を普通に戻すだけでリバウンドしてしまうのです。過度な食事制限は避け、運動と併用して時間をかけてダイエットするように心がけましょう。