太りやすい遺伝子を保有している方がいるのをご存じでしたか。持っている遺伝子により基礎代謝に差があります。

 たとえば、日本人の34%はβ3アドレナリン受容体(β3AR)という遺伝子が変異していると言われ、 この遺伝子変異を持つ人は基礎代謝が低い傾向にあります。このため、遺伝子変異を持たない人と比べて太りやすい体質といえます。

 残念ながら、これらの遺伝子が原因で相当な努力をしても全然痩せられない方がいらっしゃるようです。病院で検査ができるようですので、心当たりの方は調べてみるとよいかもしれません。

 分かっても治療できるわけではありませんが、自分がその遺伝子を持っていることを前提に食生活を考えることで、健康維持に役立つと思います。ご参考まで、いくつか紹介しておきます。

肥満関連遺伝子の特徴

【β3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)】
・日本人の34%が保有し、基礎代謝が1日200kcal低い
・お腹周りが太っており、糖質の代謝が悪い
・糖尿病、高脂血症、脂肪肝に注意

【アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP-1)】
・日本人の25%が保有し、基礎代謝が1日100kcal低い
・下半身が太っており、脂肪の代謝が悪い、痩せにくい
・がん、女性は子宮関係の病気に注意

【β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)】
・逆肥満遺伝子、日本人の16%が保有し、基礎代謝が逆に1日200kcal高い
・ほっそりとしており、筋肉がつきにくい。一度太るとと大変痩せにくい
・心臓病、うつ病、低血圧などに注意