前のページで脂肪を効率よく燃焼させるための栄養素について紹介しましたが、このページでは脂肪を効率よく燃焼させる運動について紹介したいと思います。

 ご存じの方が多いと思いますが、運動は2種類に分類できます。

有酸素運動:ANAEROBICS

 有酸素運動という言葉は、1967年に米軍軍医が心肺機能を改善させる運動プログラム(エアロビクス)を発表し、それを日本で「有酸素運動」と訳したのが始まりのようです。有酸素運動のエネルギー源が脂肪燃焼であり、脂肪燃焼の際に酸素が必要なことからこの名前が付けられたと言われています。

【有酸素運動の例】
・ウォーキング
・ジョギング
・ランニング
・サイクリング
・エアロビクス
・エクササイズ
・アクアビクス
・水泳

 軽い運動時には糖質と脂肪の燃焼割合はほぼ50%ずつと言われていて、運動の強度が高くなるにつれて、糖質燃焼の割合が高まります。反対に運動の時間が長いほど脂肪燃焼の割合が高まります。

 これは、最初に燃焼効率がよい糖質が優先的に燃え、糖質が足りなくなってくると脂肪燃焼に比重が移ってくるためです。脂肪燃焼は立ち上がりが悪いのです。ウォーキングなどの有酸素運動は20分以上続けないと効果が少ないなどと言われますが、理由はここにあります。

 また、激しく運動しすぎて息切れしてしまうと、脂肪燃焼に必要な酸素が不足して脂肪燃焼の効率が悪くなりますので、「息切れしない程度の運動を20分以上、あまり無理のない範囲で」というのがダイエットを目的とした運動の基本になるかと思います。

無酸素運動:ANAEROBICS

 筋肉内に貯蔵しているエネルギー源を主に使う運動です。エネルギー生成時に酸素を必要としないことからこの名前が付きました。

【無酸素運動の例】
・短距離走
・重量挙げ
・筋力トレーニング
・腹筋
・腕立て伏せ

 筋肉アップには無酸素運動が有効とされています。よく「筋力アップで基礎代謝アップ → ダイエットに効果的!」などと目にします。確かにそうなのですが、筋肉がムキムキになるための努力、恐らく数%にも満たない基礎代謝のアップ量、そして筋肉の維持を考えると、ダイエット目的であれば、無酸素運動だけに頼るのは大変です・・・

無酸素運動なのに、息が切れる?

 無酸素運動そのものには酸素が不要なのですが、使ってしまった無酸素運動のエネルギー源(グリコーゲン、CP、ATPという物質)を脂肪などから急速に補充しようとして大量の酸素を必要とするからです。

腹筋するとお腹の脂肪が減る?

 残念ながら、あまり関係ないそうです。

 腹筋運動(エネルギー消費)と脂肪燃焼(エネルギー生成)は別のメカニズムであり、どの部位でエネルギーが消費されたのかには関係なく、脂肪は体の脂肪燃焼メカニズムに従い燃えやすいところから燃えていきます。腹筋を鍛えて意識することで無意識に力が入り、お腹が引き締まって見えることはあるようです。