3つのエネルギー代謝 [ 基礎代謝活動代謝| 食事誘発性熱産生代謝 ]

 食事をした後に体が温まったりしませんか。

 食事誘発性熱産生代謝とは、摂取した栄養素が体内で分解される際に、そのエネルギーの一部が熱となって体外に放出される作用のことで、体の全消費エネルギーに占める割合は10%ほどと言われています。 DIT(diet induced thermogenesis)とも呼ばれます。

消費されるエネルギー量は食べた栄養素によって異なります。

・たんぱく質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%
・糖質のみの場合は約6%
・脂質のみの場合は約4%

 これらのエネルギーが、食べただけで何もしなくても体温となって消費されていきます。 通常の食事はいろいろな栄養素の混合なので、食べたカロリーの10%くらいかと思います。

食事誘発性熱産生代謝を上げる

 筋肉を増やすと食事誘発性熱産生が高くなるそうです。また、食事の摂り方としてよく噛まずに飲み込んだり、流動食だけを摂る場合に比べると、よく噛んで食べる方が食事誘発性熱産生は高くなるそうです。

 よく噛むというのは、唾液の消化酵素(アミラーゼなど)で栄養素の分解が促進されるという意味でしょう。筋肉と食事誘発性熱産生代謝との関係についてはよく理解できなかったのですが、厚生労働省のホームページに書いてありました。